2017年05月29日

津軽森 ありがとうございました!


まずはこのイベントの前日26日に
企画展が28日まででギリギリ開催中の十和田現代美術館  村上隆のスーパーフラット現代陶芸考
に行って参りました。
そのあたりのブログはこちらで。

http://kikazakki.seesaa.net/article/450332359.html
「十和田現代美術館 と 弘前の猫」
興味ある方どうぞ。






IMG_0417.JPG

IMG_0436.JPG
そして 27日(土)と28日(日)開催のクラフトイベント「津軽森」!

雨と寒さと強風は避けられますようにと願っていましたが 
1日目は雨&寒さ
2日目は寒さ 天候的にはなかなか辛い2日間でしたが
雨の中、傘やカッパで来てくださったお客様 感謝です。
ありがとうございました。


東北の方、笑ってくださる方、とっても面白い方たくさんで、楽しかったです。
「こんなの初めて見た」 と言ってくださるお客様も多く
活字にすると 札幌なんかでもよくいわれるお言葉なのですけども
私の勝手な誇大聞き取り解釈で書かせていただくと

「ごんなのさ、はずめて見たはー」きっと地元の方は こんなんじゃないーーー!!と思われてるかも。

でも もう〜ね、言葉がとってもいいのです!

東北の言葉 とっても好き。

年配の方で器を見てニコニコしながらなにやら話しているのですが
まったく聞き取れない強者さまもおひとりいらっしゃいました。
こちらもひたすらニコニコしました。





IMG_0439.JPG
二日連続で来て下さり差し入れまでいただいてしまった超面白いお客様や(本気で嬉しかったですよ、初めてのこの地で差し入れなんていただけるなんて感激でした)。濃い〜味で美味しかったですー。


木こりやぎ小皿から繋がって本当に林業やってらっしゃるというお客様と会話できたり


以前札幌に住んでいた とか 実家が札幌です なんてお客様ともお話できました。
まさか弘前で うちの近所のスーパーラッキーの話ができるなんて思ってませんでしたから〜。




スガワラの器、言わずもがないろんな絵付けが特徴で
時にその絵付けが強すぎて 何をのせたらいいのかわからない と言われることもあるのですが(ごもっとも)
白い大福 はどんなに強い食器にも自ら合わせてくれる という楽しいお話も聞けて
なるほどね〜 今度から これ何に使おう と迷われるお客様いらっしゃったら
大福をのせてください と言おう とまた一つ引き出しが増えましたよ〜。
ね、大福って確かに白くて形に柔軟性があるから 自分で器に寄り添ってくれるものですよね〜笑(ほんとかよ)




ああ、でも津軽森会場の岩木山桜林公園
傾斜がきつくガタガタで(冬はスキー場らしいので仕方ないけれど)
公園内には車をいれられないし台車もタイヤとられてうまく使えないしで 搬入搬出はかなり汗かきました。
搬出の時など かなりゼーゼー言いながら必死さ丸出しで運んでいたのでしょう。
他の作家さんに「大丈夫ですか?」と優しく声かけていただきましたよ(もう、皆さん優しいの〜)。
久しぶりに小学校時代のマラソン大会の時のような 喉のあたりに鉄の味がするかんじ を体感しました〜笑




全国各地からこのイベントに出るためにきている作り手さん。
沖縄ナンバーの車もみたなぁ。


IMG_0438.JPG
こちらは確か岐阜県の作家さんの作品。




隣で出店の 自然の枝で作ったオカリナの方は自ら奏者でもあり作り手でもありで、
愛知県からいらっしゃってました。

北海道と青森との間に橋ができれば北海道のイベントも気軽に出れるのに って。
確かに。
関門橋ならぬ 青函橋 できたら 北海道からも もっと気軽に本州に行きやすいですよね。


IMG_0378.JPG
でも久しぶりに乗ったフェリーもなかなか良かったです。

帰りは夜中発の便だったので ひたすら客室でごろごろ寝てすごしましたが

今みたいに格安航空券がなかったころは 小樽 舞鶴間 とかよく利用してたなぁ と
いろいろ思い出しながらぼんやりしていたら 函館青森間は4時間もかからず着いてしまうので
あっという間に着いてしまいます。

むしろ札幌から函館間が 遠い、遠い、帰りは夜中の2時に函館着の便に乗ったので
そこから札幌まで ひたすら 目をしっかり開けること、人ひくな、猫ひくな、鹿ひくな、カラスひくな を意識して帰ってまいりました。



IMG_0444.JPG
帰り道 眠気に襲われちょっと休憩しよっかな と思っていた時見つけた野良さん。
とりあえず猫見つけたら止まるよねー、うちにもいるし わりとどこにでもいるのに止まって癒されまたがんばれるよねー、
自分でも ほんとバカだよなぁ と思うほど 猫に翻弄されますわ。





そして懸念していた自分の首。
普段なるべく痛み止めや弛緩剤は使わず 姿勢を意識したりストレッチしたりしてすごしていますが
こういういざというときはもう惜しげなく 湿布やら薬やらに頼ったおかげか
それなりに痛かったものの大打撃をうけることもなく無事帰ってくることができました〜。

これからも整骨院で教わった体操やら姿勢やらに気をつけながら
ちょっとハードな遠征も気楽にできるようになりたいものです(努力はします!)

「また来年も来てください、まってます」なんて嬉しいお言葉もいただき
また東北、 約束はできないけど 行けたらいいなぁ と思っています。

とってもいいとこ、いい人いっぱいの地です。

北海道からの出店先輩の ケセランさんや旭川のやきもの屋keikoさんからの前情報もとっても助かりました。

実行委員の皆様、いろいろ助けてくださった出店者の皆様、たのしいお話いっぱいしてくれたお客様 ありがとうございました。
ほんとうに楽しかったです!






次の出店は
第一回目開催の
6月10日(土)10:00〜17:00
  11日(日)10:00〜17:00

「あかびらツクリテフェスタ」

株式会社植松電機
北海道赤平市共和町230番地50(赤平第2工業団地)
ふらのクリエーターズマーケットの後任イベントです。

手描きTシャツの ちょびこ さんとの共同出店です。

こちらは屋内と屋外との出店がありますが
屋外出店のブースにおります。

晴れますように〜。









フェイスブックページあります。
幾何雑器の器、スガワラの器











posted by suga at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

十和田現代美術館 と 弘前の猫



IMG_0391.JPG

IMG_0396.JPG

IMG_0395.JPG
十和田現代美術館


村上隆のスーパーフラット現代陶芸考

弘前市で開催の「津軽森」に出店が決まって なんとギリギリこの企画展の会期に間に合う!ことに気づき
イベント前に ちょっと(といっても弘前からかなり距離のある十和田市ですが)行って参りました〜。

陶器を作っていますが いつも なんとなく わからないなぁ ともや〜とした気持ちは持っています。
いいのかなぁ、こんなんやって、とか 考えることもあります。
値付けをするとき特に考えます。

伝統、、縦の社会、、クラフト、、芸術、、生活するために必要な食器、、自己満足、、センスをいかして作るもの、、センスで作ってはいけないもの、、、、、、

どれかに当てはめる必要もないかもしれないし
わからないままでいいのかもしれないし
わかったような気分になるだけかもしれないけど
たくさんの物を見ることによって もしかしたら そのうちなにか あれ?こゆことなのかな って 
感じることができるかもしれないとしたら、
できるかぎりいろんなものを見ていきたいなぁ と思っています。

だからこのスーパーフラットな展示は 見たかった。
村上隆さんが興味をもった作家さん ということで
なんとなく偏りというか、どこか似ているものが集まっているかんじはしましたが
見応えありました。


IMG_0379.JPG

IMG_0380.JPG

IMG_0381.JPG

IMG_0386.JPG


自由でした。

現代美術家でもありキュレーターでもある村上隆さんの言葉に

海を渡っていく陶芸、
日本の引力圏内に残って深度を深めようとする陶芸。
そういった変節点にある陶芸の未来の発展形を妄想してもらいたい

とありました。

自由なんだと思いました。


IMG_0383.JPG

IMG_0389.JPG


もちろん確固たる技術のもとでの自由なんだと思うけど
陶芸に限らず なんだって きっと 自由なんだと思いました。
そのあたりがわからないなぁと思うところでもあるのですけどね、、、。

考えても難しすぎるからいっぱいいろんなものを見ていきたい と新たに思いましたよ。
結局目から鱗は落ちなかったということですが見にいった本当によかったです。



十和田現代美術館、常設展のほうは写真NGだったので撮れませんでしたが
常設のほうもとてもよかったですよ。







ところでせっかく十和田まできたのだからご当地グルメバラ焼きを食べねば。

あっさり気持ちを切り替え なんとも風情ある食堂でバラ焼き定食いただきましたよ〜。

IMG_0397.JPG

IMG_0398.JPG
おいしかったです。
おいしかったのですが えっと、焼き肉でした。
味付けてあるタレが甘辛くておいしかったですが えっと、食べたことがあるような味でした。
美味しかったのですけどね。ほんとに。



その後、今回の本来の目的
弘前市のクラフトイベント 津軽森 の前日搬入のため弘前へ
それはそれは 激しくスリリングな峠道を通っていくわけです。
IMG_0400.JPG





津軽森の様子は
また別枠でブログ書いてます。

「津軽森 ありがとうございました!」






そして今回の東北遠征で忘れられない猫との出会いが
弘前の宿にてあったのです。
弘前で泊まった古い老舗旅館(調べた中では一番お安い部屋がある宿だったから決めただけ)に
なんと猫さんが4匹飼われていたのですーーー。
宿で放し飼いにしているわけではなく 猫が苦手なお客様もそらぁいるでしょうから
まず猫大丈夫ですか と聞かれまして
もう即答で 「ダイジョブダイジョブ!大好き!」と片言の日本語みたくなちゃってることにも気づかず答えましたら
今日は他のお客様も少ないので と
出してくれましたーーーー。

4匹中1匹だけはでてこなくご対面できませんでしたが
IMG_0404.JPG

IMG_0410.JPG


IMG_0416.JPG

IMG_0407.JPG

IMG_0433.JPG
このソックスという名前の黒い仮面猫さんがとっても人懐っこく 撫でるとゴロゴロゴロゴロいってくれる猫さんで
たまらない気持ちになりました。
今年の1月に 迷い込んできてから飼われたそうです。

迷い込んできた時すでに成猫で 2年ほど前に死んでしまった我が家のホッピーと柄は違えど
なんだか雰囲気が似た猫で そしたら FeLVウイルスに感染している というところまで同じでした。

他の猫さんとは隔離、誰かが見ていられるときはこうして出してあげるんです。とのこと。

なんだかホッピーが会いに来てくれたような気がして(違うのは承知です。でもなんだかそんな気がして)
今回の東北遠征で実は一番別れがつらかったのはソックスとの別れでした(自分でもよっぽど猫バカなんじゃね?って思うけど)。

ソックスと会えてとっても嬉しかった。
もしもまたいつか弘前のイベントにでるとか何か用があったら絶対にこの宿に泊まりたいです。

ソックスーーーずっと元気でいるんだよーーーー。





仕事兼ねてとはいえ1人で知らん町でふらふらするなんて何年ぶり、なんて楽しいのでしょう。
家族で旅行ももちろん楽しいでしょうけど 誰かと行動を共にするのとはまた違う楽しさでした。



青森県は 青森県立美術館もよさそうだし寺山修司記念館もあるし
10代後半に読み漁った太宰治の生家なんてのもあるし 恐山もありますな。
行ってみたいところいっぱいのところです。




IMG_0423.JPG
煮干しだしのラーメン美味しかった〜。


と、まとまりない感じですが
津軽森出店遠征 番外編でございました。









フェイスブックページあります。










posted by suga at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

スガワラ 新作紹介です。津軽森でお会いしましょう〜!





今週末の 青森県弘前市で開催「津軽森」を意識して
リンゴものも少し作りました。
自慢じゃありませんが開催地やイベントのテーマなどに合わせてあえて何か考えたことにより
成功した試しがないのですけど(笑)
 
青森といえばリンゴだしリンゴて見た目かわいい果物だし
あ・ゆ・み・よ・り(クリステルで)の気持ちを込めて、、、、






IMG_0357.JPG

IMG_0358.JPG

●木こりヤギ 東北バージョン小皿









IMG_0359.JPG

IMG_0370.JPG

●リンゴペンダントとブローチ
このイベントがなければ リンゴモチーフアクセサリーはずっと作ることはなかった気がしますが
作ってみるとなかなかいいかんじに出来た気がします。
ペンダントのリンゴ上部の軸部分は銅線です。
この軸がつくことによりグッとかわいさが増しました!
「ちょっとでも やっててよかった 金工」(字足らず)








IMG_0341.JPG

IMG_0344.JPG

IMG_0345.JPG

●ネコマグ
トラ猫模様と三毛猫模様。
取っ手を太くしてみましたので安定感あります。
取っ手をもった親指があたる辺りに指紋模様あります。
すごく好きな出来上がりだったのですが取っ手と本体の乾燥させ具合がうまくいかなかったのか
接着部に小さな亀裂が入ったものが何個かでてしまいました(泣)。
ご使用に問題はありませんので 訳あり品として値下げして販売させてください。
販売します。








IMG_0346.JPG

IMG_0347.JPG
●ふぐちゃん片口







IMG_0337.JPG

IMG_0339.JPG

●ふぐちゃん皿
15cmくらいの皿です。







IMG_0355.JPG

IMG_0354 (2).JPG

●鳥湯呑
ぐるっと一周 いろんな表情の鳥がいます。
描いてるときはとても楽しく妄想全開でした。
それぞれの鳥の勝手な会話に終始ヘラヘラしながら描きました。







IMG_0353.JPG

●ゆるタコ湯呑も増産しましたよ〜。







IMG_0362.JPG

●なんだかわからないブローチも作りました。
これ絶対「これ何ですか?」と聞かれるだろうなぁ、、、。
イソギンチャクっぽいかなぁ。
自分では結構好きな出来。



IMG_0365.JPG

●文鳥ブローチなどなども増産しましたよ。




今回は以上です。


5月27日(土)10:00〜17:00
  28日(日)  9:00〜16:00
「津軽森」
青森県弘前市大字百沢字東岩木山3168 
岩木山桜林公園




スガワラの器のみでの参加です。
ちょっとヘンテコな生き物モチーフなものが好きな方との出会いがあるといいな。
万が一このブログチェックしてくださって来てくださるお方いらっしゃれば是非お声かけてくださいませ〜。
嬉しくて多分泣きます。(涙無しで)





イベント前にちょっと寄り道したい場所もありで明後日早朝から出発しますよん。

十和田現代美術館

首をいたわらねばならないのに「津軽森」開催の弘前からはなかなか遠い十和田市ですが
ご当地グルメ バラ焼きも 食べるのだー。

ウホウホ。


自分もお客様も楽しめますように〜 東北。





フェイスブックページあります。
こちらもよろしくお願いします。

幾何雑器の器、スガワラの器









posted by suga at 18:40| Comment(2) | TrackBack(0) | スガワラ新作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

什器新調しました + 猫〜。




いつも出店時のテーブルにはキャンプなどで使う折りたためるテーブルに布をかけて使用していたのですが
たくさんの器をのせることも多くいつか足がくにゃっといっちゃうんじゃないかと不安もありました。

今月27日、28日の青森県弘前市「津軽森」
来月 6月10日11日の
「あかびらツクリテフェスタ」
と自前の什器での屋外出店も続くし と
前に夫が作ってくれた耐価重量強化のテーブルに今日は素焼きしながら色塗りましたよ。




IMG_0330.JPG

テーブルの色に合わせて今まで使っていた棚も着色。
黒っぽく見えますが濃い目のグリーンです。
内側だけ前の色のオレンジっぽい茶色をそのままに残してみたらなんだかいい感じになりましたー。


塗るのに夢中で危うく素焼き温度上がりすぎにしてしまうところでしたが
セーフでした。


新しい什器に器のせたらどんななるかな〜。
うきうきしてきましたよ。









今日は短めブログなので
こういうときは猫のせときますー。


毎日毎日激しく面白いことやってくれるうちの2匹ですが
部屋の乱雑さゆえ写ってはいけないものも写ってしまい
お披露目できる写真は限られてしまう、、、、


飼い猫写真で SNSなんかで大人気になって フォロワー数すごい人ってのは
結局そこのおうちがお洒落かどうかなんだよ と以前 斜に構えた娘が言ってましたが
たしかにそうかも。


うちの猫はうちの猫だから私にとってはえっらいかわいいけど
猫なんかどれも大差ないわけで、、、。

わかっちゃいるけど 見せびらかしますー。



IMG_0214.JPG
春めいてきたころ我が家の春の使者、ワラジムシ君も見つめる2匹。






IMG_0182.JPG
見合いとかで使えそうなポーズ(笑)



IMG_0230.JPG
ただただかわいい顔。




IMG_0002 (1).JPG
がりがりサークル 1個しかないときはスミオに占領されて不憫だったこげこ。





IMG_0082.JPG
こげこがかわいそうすぎるとある日夫がもう1個買ってきて
めでたく平和。





フェイスブックページあります。
幾何雑器の器、スガワラの器






posted by suga at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする